Laugh Style

コンディショニング、スポーツ、ダンス、感覚、文化、身体

女性向けヒップアップコース体験会の様子

目次

 

女性向けヒップアップコース体験会の様子

今日は今後スタジオで新しく開講予定の「女性向けヒップアップコース」、どんな内容か分からない方もいらっしゃると思いますので、先日行いました体験会の様子を紹介していきたいと思います。

 

f:id:studio-laughstyle:20170809124052j:plain

 

ウォーミングアップ

今回は風船を使ったウォーミングアップで楽しく体を動かしました。

運動前は軽く心拍数を上げ、動ける準備をすることが大事です。

f:id:studio-laughstyle:20170809124216j:plain

 

ストレッチ

トレーニングの前には一度凝り固まった場所をほぐすことも大事です。

体のバランスが良くなるようにヨガや呼吸の要素も取り入れながらストレッチを行います。

トレーニングが効率よく行えるように、トレーニングに必要な関節の可動域を広げていきます。

f:id:studio-laughstyle:20170809124356j:plain

 

動作練習

f:id:studio-laughstyle:20170809125319j:plain

お尻にしっかりと効かすために、今回はヒップヒンジという動きを練習しました。

 

股関節主導で動くことによって腰椎や膝への負担を減らし、お尻の筋肉を有効活用するために行います。

 

お尻の筋肉をメインに鍛えることによって体全体が調和良く動くための一つの大事な感覚を手に入れることができ、そしてそれを数をかけて鍛え、そこからきれいな体のラインができあがってくるのです。

機能的でないものに本当の美しさは備わらないと私は思っています。

肉体的な美だけでなく、機能的な美、人間でいうところの、姿勢や動作、所作の美しさも手に入れましょう。

 

タバタ式トレーニング

メインはタバタ式トレーニング。数種類のトレーニングを1種類20秒行い10秒休んでまた違うメニューを行うトレーニング。ヒップアップに効果的なメニューを集中的に行います。柔軟性、筋力、持久力をまんべんなく鍛えていきます。

終わった後はメンバー間でハイタッチ!みなで達成感を分かち合います^^

 

クールダウン

f:id:studio-laughstyle:20170813121819j:plain

最後はストレッチやストレッチポールでからだほぐし。

疲れた体をクールダウンして終了となります。

 

 体験会参加者の感想

・学生N

-----------------------------------------------------------------------------------------

女性向けヒップアップのコースを友達と体験しました!分かりやすく且つ私たちのレベルに合わせて教えて頂き、とても楽しかったです!また、同じ動きをしていても数センチ身体の動かし方や位置をずらすだけで効果が全く違う、というのは驚きの発見で、今後自分自身でストレッチなどする際にも意識していきたいと思いました。とにかく学ぶ事がたくさんあり、自分の身体と向き合うチャンスになります!おすすめです*

------------------------------------------------------------------------------------------

というありがたい感想をいただきました。

みなさん体の使い方や姿勢、感覚が変わることでどんどん体が動くようになり、最後はきついながらも楽しそうにトレーニングされているのが印象的でした。

 

このように終わった後はお尻が悲鳴を上げること間違いなしのクラスですがその分期待できる効果が!

この夏、女性らしいラインを更に磨いてみませんか?

 

日時:①8月18日(金)12:00~12:50

   ②8月23日(水)10:30~11:20   

   ③8月23日(水)19:00~19:50

対象:18歳以上の女性

定員:各クラス4人

場所:コンディショニングスタジオLaugh Style(つくば市茨城県つくば市榎戸793-1旭ビルA号室谷田部車庫のバス停近く

 

体験会料金:1回1080円

持ち物:動ける服装、タオル、飲み物、内履き、着替えなど

 

 

【申込み方法】

メールにてstudio.laughstyle@gmail.com宛に①お名前、②連絡先、②ご希望のクラス、③ご希望の時間、④運動経験 をご記入の上お申込みください。

スタジオの詳細はHPをご覧ください。

コンディショニングスタジオ Laugh Style

 

 

明日の自分は今日の自分が作る。

皆様の参加をお待ちしています^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

take breath:)

Laugh Style 西村

少人数制セミプライベートクラス体験会開催!

目次

【セミプライベートクラス体験会開催】

夏になり肌が露出する機会も増え、なにかと体形や気になる二の腕や脇腹のお肉を気にされる方も多いのでしょうか?

コンディショニングスタジオLaugh Styleではいままでワンツーマンでのレッスンをメインに行ってきましたがこの夏、少人数制のセミプライベートレッスンを始めます。

そして、その体験会を開催しますのでみなさんぜひチェックしてくださいね^^

 

【体験会詳細】

①ファンクショナルトレーニングクラス

f:id:studio-laughstyle:20170804114644j:plain

クラス説明:体に必要な基本的な柔軟性と強さ、持久力をファンクショナルトレーニングで鍛えていきます。

少人数制ですのでより細かい指導ができ、運動経験によってメニューも個人に合わせレベルを変えることができます。

メインはタバタ式トレーニング。数種類のトレーニングを1種類20秒行い10秒休んでまた違うメニューを行うトレーニング。短時間で効率的に体を鍛えることができます。

終わった後はたくさん汗もかいて仲間と一緒に充実感、達成感を存分に味わえます!

皆さんも夏だからこそたくさん汗をかいて体を鍛えてみませんんか?^^

内容:ウォーミングアップ、ストレッチ、タバタ式トレーニング(体幹トレーニングやフロアトレーニング、ケトルベルやサンドバッグを使ったトレーニングを交互に行う)、クールダウン

日時:①8月18日(金)10:30~11:20

   ②8月20日(日)15:00~15:50

   ③8月27日(日)10:30~11:20

対象:18歳以上の大人

定員:各クラス4人

場所:コンディショニングスタジオLaugh Style(つくば市茨城県つくば市榎戸793-1旭ビルA号室)谷田部車庫のバス停近く

通常料金:月4回チケット8640円

     1回料金2592円

体験会料金:1回1080円

持ち物:動ける服装、タオル、飲み物、内履き、着替えなど

 

 

 

 

②女性向けヒップアップクラス

www.instagram.com

説明:女性向けのクラス。ヒップアップ、ウェストライン、二の腕ラインを引き締めるためのファンクショナルトレーニングを行います。

少人数制ですのでより細かい指導ができ、運動経験によってメニューも個人に合わせレベルを変えることができます。

メインはタバタ式トレーニング。数種類のトレーニングを1種類20秒行い10秒休んでまた違うメニューを行うトレーニング。ヒップアップに効果的なメニューを集中的に行います

終わった後はお尻が悲鳴を上げること間違いなしのクラスですがその分期待できる効果が!

この夏、女性らしいラインを更に磨いてみませんか?

内容:ウォーミングアップ、ストレッチ、タバタ式トレーニング(体幹トレーニングやヒップヒンジの基礎、ケトルベルやサンドバッグを使ったトレーニングを交互に行う)、クールダウン

日時:①8月18日(金)12:00~12:50

   ②8月23日(水)10:30~11:20   

   ③8月23日(水)19:00~19:50

対象:18歳以上の女性

定員:各クラス4人

場所:コンディショニングスタジオLaugh Style(つくば市茨城県つくば市榎戸793-1旭ビルA号室谷田部車庫のバス停近く

通常料金:月4回チケット8640円

     1回料金2592円

体験会料金:1回1080円

持ち物:動ける服装、タオル、飲み物、内履き、着替えなど

 

 

【申込み方法】

メールにてstudio.laughstyle@gmail.com宛に①お名前、②連絡先、②ご希望のクラス、③ご希望の時間、④運動経験 をご記入の上お申込みください。

スタジオの詳細はHPをご覧ください。

コンディショニングスタジオ Laugh Style

 

 

明日の自分は今日の自分が作る。

皆様の参加をお待ちしています^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

take breaty:)

Laugh Style 西村

 

 

  

ケガと病院とエクササイズと薬:手術宣告を受けた西村の体験記

この前PS2ADという身体の機能回復のための考え方やトレーニング、コンディショニングの方法を学ぶの講習会に行ってきた。

 

そして現在そのreviewをしているのだが、その講習会の中で講師が言っていたことを思い出した。

「病院に行ったらとりあえずレントゲンとって、原因が分からなかったらとりあえず痛み止の薬か湿布をだす。なんらかの異常があると手術をする場合が多い。」
細かいニュアンスの違いはあるがこのような形で言っていた。

 

もちろん病院にも色々あり一概には言いきれないだろうが、一般の人にとってはこれが普通の病院の対応と思う方も多いのではないだろうか。

講師の方は続けてこう言った。
「ただ、その多くはエクササイズで改善できるもの。」
「エクササイズは薬」
であると。

この話を聞いて自分自身のことを思い出した。


数年前に自分は謎の脚の虚脱感におそわれ、片方の脚に強く体重をのせると力が入らずそのまま地面にへたりこんでしまうと症状に悩まされた。
クロバットどころかダンスもまともにできない状態に陥った。

 

病院に行くと腰椎のヘルニアだろうということで脊柱管固定手術を強く勧められた。
しかしこの手術を受けると腰椎の自然な動きが失われ、時間が経つとその上下の脊椎や骨盤にも負担がかかってくるため、結局再度手術をすることになるだろうとも言われた。


自分はそれが本当に嫌で嫌で、セカンドオピニオンをとって別のアスリートも通うような専門的な病院に変えた。

そしたら診断は驚きの内容で、腰椎のヘルニアは大したことない、それよりも今回は首の神経根が圧迫されての症状ということだった。
それもお薬、というよりもはやビタミン剤を取ってたら症状は治る。
ということで一見落着した。

 

それから自分は、自分自身の体や感覚と向き合うためコンディショニングという分野に興味を持ち、勉強し、今に至るが、その中で学んできたエクササイズやコンディショニングをしっかり行うと、もはや薬を飲まなくても症状を出さないで激しく動きながらレッスンをできるくらいには回復した。

 

今でもちゃんとコンディショニングやエクササイズをしないとすぐに脚の虚脱感が再発したり腰痛になるのである意味分かりやすい体であり、逆に学びの多い体とも言える。
が、やはり、現役の時になんでこの知識を知らなかったのだろうと悔しい気持ちになることもある。

 

なので取り返しのつかないケガや故障で選手生命を奪われてしまったり、病院漬けの生活になってしまったり、寝たきりになってしまったりする前に、しっかりと皆さんには、それらを改善するエクササイズをして予防をしてほしいなと本当に感じる。

 

「エクササイズは薬」
ケガや故障が多い人、疲れが取れにくい人は取り返しのつかないケガをする一歩手前かもしれません。
そのような方は特に機能を改善するエクササイズに精通している理学療法士さんやアスレチックトレーナーさん、パーソナルトレーナーさんなどに相談してみてください。

f:id:studio-laughstyle:20170614223858j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

take breaty:)

Laugh Style 西村

 

身近な物で楽にコンディショニング~疲れた腕をほぐす~

目次

身近な物で楽にコンディショニング~荷物運びで疲れた腕をほぐす~

新年度になり、引っ越しをされた方も多いのではないでしょうか?
荷物を運んだりすると腕なんか疲れますよね。
そのまま字を書こうとすると手が震えて書きづらかったり…

そんな時は身近にあるこんな物でコンディショニングができます。

 

飲み終わった後のペットボトルを使う

引っ越しなどの荷物運びの作業などは、なにか飲みながら行う人も多いと思います。

例えばペットボトル飲料。

飲み終わった後のこの子が意外と体ほぐしに役に立ちます。

f:id:studio-laughstyle:20170402173330j:plain

 

ペットボトルを使用する際の注意点

①中身はできるだけ空にして使用する

噴きこぼれを防ぐため、空にしてから使用しましょう。

また、中身が無い分軽くなるため、ほぐす時に余計な力を使わずにすみます。

②底がでこぼこしているペットボトルを使用する

うまくほぐすためには底がでこぼこしているペットボトルをチョイスしましょう。組織を上手くとらえてほぐしやすくなります。

底が平だと皮膚が引っ張られて痛くなりやすいです。

炭酸飲料のペットボトルはこのタイプが多いので参考にしてみください。

甘い飲料が苦手な方は炭酸水などをチョイスしてみると良いでしょう。

f:id:studio-laughstyle:20170402174126j:plain

③関節内側へのほぐしを避ける

肘関節の内側や脇の奥などは神経や血管が多く集まっている繊細な部位ですので、一般の方はこの部位を避けながら体ほぐしを行ってください。

 

実際に腕をほぐす

下記の写真のように前腕にペットボトルの底を当て、少し押し込みながら回します。

f:id:studio-laughstyle:20170402175003j:plain

写真のように組織が軽く引っ張られる感覚で、ゆっくり2~3秒程かけながら回して疲れている部位やその付近をほぐしましょう。できたら反対回りにも行ってみます。

疲れ度合いにもよりますが、前腕の肘近くから手首近くまでを2~3回ずつを目安にほぐしてみてください。

 

ペットボトルを使うメリット

①簡単に手に入る

コンビニやスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

②楽にほぐせる

自分の指でほぐすと押し込まないといけないため結構疲れますが、ペットボトルを使うと広範囲をほぐせる他、手首を回転させる力で楽にほぐすことができます。

③固さが丁度良い

身体をほぐすには骨より柔らかく、筋肉などの組織より固い物が良いとされています。

空のペットボトルは空気圧により丁度いい固さ、弾力性を保っています。

 

おわりに

今回の記事では身近な物で楽にコンディショニングができる!

ということでペットボトルでの前腕のほぐし方を紹介しました。

新年度も心身共に楽な状態でいたいですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

take breath:)

 

Laugh Style 西村 

 ---------------------------------------------------------

コンディショニングスタジオ Laugh Style 

[TEL] 070-65210908

[E-mail] studio.laughstyle@gmail.com

[HP]laughstyle.wixsite.com/studiolaughstyle

 ---------------------------------------------------------

 

大人のためのアクロコンディショニング体験会

ただいまこの記事を書いている時はリオオリンピック真っ最中。

体操競技部出身の西村としてはやはり体操日本男子団体の金メダルがなによりも嬉しいです!

朝早く起きて見たかいがありました。

予選の時は山室選手、田中選手、内村選手が不調で心配でしたが、なんとか決勝にコンディションを整えて、修正して臨んでくれましたね。

本当におめでとうございます!

 

さて、そんなアスリートの身体に少しでも近づくべく(もちろんアスリートになるわけではないですが)、大人の方に向けたアクロコンディショニングの体験会を行いたいと思います。

簡単に言いますと、体操やアクロバットを行う前段階として、しっかり柔軟性を高めるためのレッスンです。

 

大人の方に体操を教える機会も多いのですが、子どもと違って、大人の方はまず身体が固い方が多いです。

手首、肩、腰、股関節、足首、人によってさまざまですが・・・

設備の整っている、例えばトランポリンやとびこんでもケガをしにくいピットがある場所ならある程度固くても練習もできますが、普段お家や体育館のマットのみで練習する場合は、やはりある程度の柔軟性が必要になってきます。

固さが邪魔をして、負担のかかりにくい重力線上に上手く身体が乗らないのです。

 

クロバットは1日にして成らず!

特に大人の方はこれを改善するため、普段の地道な努力が必要になってきます。

この機会にアクロバットに必要な柔軟性を養ってみませんか?

 

というわけで以下詳細です。

【大人のためのアクロコンディショニング体験会】

 日時:8月29日(月)20:30~21:45(20:10より受付開始)
 場所:カピオホールリハーサル室1

     (〒305-0032 茨城県つくば市竹園1-10-1)
 料金:500円
 持ち物:ヨガマットもしくはバスタオル、肩幅以上の長さのあるタオル、動ける服装、飲み物等

 対象:18歳以上

 定員:10名

 内容:簡単なアクロバット(側転、倒立、ブリッジ等)アクロバットを行うために必要なストレッチ、トレーニング、コンディショニング ※裸足で行います。

 申込み:申込みはスタジオLaughStyleのアドレス「studio.laughstyle@gmail.com」宛に

 ①お名前、②年齢、③電話番号、④気になる身体の部位

 をご記入の上申込みください。

 なお、3日経っても返信がない場合はお手数ですが直接お電話「070-6521-0908」にお申込みください。

 

クロバットやりたいけど身体作りが分からないという方など、皆様の参加をお待ちしてます^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^

take breath:)

 

Laugh Style 西村

 

 

Hybrid講座① コンディショニング×ダンス ~ポップダンスを踊ってみよう~

いよいよ夏になり暑くなってきましたね。

今世界で話題のポケモンGOが日本でも配信が開始されましたが、くれぐれも皆さん熱中症には気を付けてくださいね。

トレーナーとしては皆さんの運動量が上がって健康につながるという意味ではありがたいですが^^;

 

さて今回Hybrid講座というものを企画しました。

Hybrid(ハイブリッド)という言葉とは、なにかとなにかを掛け合わせて既存の物より少しでもレベルアップ、もしくは違う新しい形に変えて物を作るという意味合いがあります。

というわけでコンディショニグとなにかを組み合わせてみようということで企画してみました。

 

第一弾はダンスとコンディショニングを組み合わせて講座を行いたいと思います。

 

ジャンルはポップダンスです。

youtu.be

動画のように、ロボットのような動きをしたり、身体をバンッと振るわながら急に止まったり、アニメを見ているようなスローモーションや波を身体に通したり、マイケルジャクソンのムーンウォークのような床を滑る動きなど、とにかく人間離れした不思議な動きが特徴のダンスジャンルです。

 

ダンスを踊ったことがあるけど、ポップはやったことがない、もしくはやったことあるけど身体の構造や使い方を勉強してみたい、ダンスとコンディショニグの関係に興味がある、など、このような方対象です。

 

以下詳細です。

 

●Hybrid講座① コンディショニング×ダンス ~ポップダンスを踊ってみよう~

 講師:西村惣一(コンディションニングインストラクター、筑波大学院舞踊研究室卒、ダンスインストラクター)

 場所:コンディショニングスタジオLaugh Style(茨城県つくば市榎戸793-1旭ビルA号室)

 日時:2016年8月3日、10日、24日、31日 いずれも水曜日9:00~11:30(150分)

 対象:ストリートダンス経験者の小学生~高校生

 定員:各日4名程度

 料金:1回2500円(4回全てに参加される方は1000円引きで合計9000円)

 内容:

 【1、2回目(3日、10日)】

 ・基本的なトレーニングの流れを学ぶ(モビリティファースト、スタビリティセカンド)ストレッチの仕方、体幹トレーニングの仕方

 ・コンディショニングとアニメーションスタイル(アイソレーション、ウェーブ、スライド、コブラ、フロアムーブなど)

  →不思議な動きに見える力の入れ方を意識する、覚える、鍛える、探る

 ・簡単なポップ基礎(アイソレ、ヒット、ポップなど)

 ・アニメーションスタイルでフリを踊ってみよう 

 ・今日習った身体の使い方でフリースタイルセッション

 

 【3,4回目(24日、31日)】

 ・基本的なトレーニングの流れを学ぶ(モビリティファースト、スタビリティセカンド)ストレッチの仕方、体幹トレーニングの仕方

 ・コンディショニングとポッピンスタイル、ブガルースタイル(ヒット、ポップ、軸移動、ブガルーなど)

  →身体が安定する力の入れ方を意識する、覚える、鍛える、探る

 ・ポッピン、ブガルースタイルでフリを踊ってみよう

 ・今日習った身体の使い方でフリースタイルセッション

 

基本的にはトレーニングやコンディショニングを行いながら良い姿勢、力が入りやすい姿勢ができるようにレッスンを進めていきます。

また、こちらが与えた身体の使い方を元に自分で色々動きを試しながら、効率の良い動きを自分で見つけるトレーニングも行っていきます。

 

 

●申込み方法

 メールにてLaugh Styleのアドレス

【 studio.laughstyle@gmail.com 】

宛に、件名に「ポップダンス講座申込み」、本文に①お名前、②学年、③希望参加日、④ダンスの経験年数、⑤受講の目的(ポップを踊ってみたい、技を覚えたい、身体の使い方を知りたいなど)

をご記入の上お申し込み下さい。

申込み締切は各講座の前日までです。

 

夏休み、ポップダンスを通して新しい身体の使い方を覚えてみませんか?^^

皆さんの参加をお待ちしております^^

身体がレベルアップする暑い夏にしましょう!

 

Laugh Style 西村

 

コンディショニング基礎概念 ~表層筋と深層筋はどちらが先に鍛えられるべきか~

目次

 

以前の記事で深層筋が弱いことによる身体への悪影響を紹介しました。

studio-laughstyle.hatenablog.com

深層筋と表層筋どちらが先に鍛えられるべきか

さて、ここで質問、

表装筋と深層筋どちらが先に鍛えられるべきでしょうか?

先に答えを言ってしまいますと。

多くの場合、深層筋から鍛えられるべきということが言えます。 

 

練習の際に意識するべきトレーニングのピラミッド

トレーニングは以下のような考え方が大事になってきます。

f:id:studio-laughstyle:20160713220543j:plain

 

ピラミッドの一番下である「正しい動作」(人体の構造に合った動作)をまず学んで、身体に一番負担がかかりにくく、かつ効率よく力を発揮できる動き方や姿勢、意識を覚える必要があります。

 

次にその正しい動き方や姿勢を持続したり、すぐ壊れる身体にならないように、強い構造にしていく必要があります。つまり「身体強度」を上げていくことが必要となります。

 

そのうえでようやく発揮できる「力」の上限を高めていくことにつながってきます。

 

正しい動作や姿勢をしっかり身につけておくほど、発揮できるパワーも大きくなります。

これが力が先にきてしまうとどうでしょう。

f:id:studio-laughstyle:20160713221509j:plain

はみ出た部分は身体が扱いきれない、受け止めきれない余分な力になりますので、ケガにつながったり、身体が余計な筋肉をつけることにつながったり、正しい動作や姿勢が崩れて変なフォームになってしまったり・・・悪いことだらけですね

 

深層筋を強くする=正しい動作、身体強度を上げることにつながる

深層筋の強度は、このピラミッドでいう下半分の部分、

「正しい動作」の習得、

そして、

構造的な「身体強度」を高める

ことにつながってきます

逆に言えば「正しい動作」をしっかり行うことができれば、表装筋に頼りすぎることなく深層筋が使いやすい状態となり鍛えやすくなります。

このピラミッドで言うと下から上への流れ(ボトムアップ)に近いと思います。

 

表層筋を強くする=力、身体強度を高めることにつながる

表層筋を強くすることはこのピラミッドで言うと上半分の部分、

「力」を高める、

そして、

素材の強度的な意味で「身体強度」を高める

ことにもつながります。

このピラミッドで言うと上から下への流れ(トップダウン)に近いと思います。

しかしこのやり方でトレーニングを行うと、元々正しい動作を行うことができ、身体強度の高い選手なら効率よくパワーを上げることができますが(いわゆる天才に近い人達)、

そうでない多くの人は、アンバランスな姿勢で素材(筋肉)が強化されてしまい、身体固まってしまうが故に「正しい動作」を行うことが困難になり、効率の悪い動きが定着することにつながってしまいます。

世界最強のビッグウェーブサーファーLaird Hamiltonも、シムでのエクササイズの多くは身体を硬くすると言っています。

 しいては、いずれ頭打ちが起き、力の発揮や持久力に問題が起き、スランプ、プラトー(停滞)につながってきます。

 

昔の人は、力→身体強度→正しい動作の流れを重視していた

f:id:studio-laughstyle:20160615135344p:plain

根性論的なトレーニングで高強度のパワーや長時間の練習をすることは、疲れても練習を継続せざるをえない状況に追い込まれるため、自然と効率の良い正しい動作を見つけることにつながってくるとも言えます。

自分が現役の時もそうでしたし、そのような場面ももちろん必要だと思います。

しかし、それはピラミッドの下の部分である正しい動作、身体強度の部分がある程度備わっていないと、実りのあるトレーニングにはなりにくいということが言えます。

それどころか、その練習に合ってない人にとっては、ケガにつながり悪い動作の定着につながってしまい、その人のスポーツライフが地獄と化す危険性をはらんでいます。

 

 

深層筋の強化はピラミッドの下部を大きくすることにつながるが・・・

さて、表装筋と深層筋、どちらが先に鍛えられるべきでしょうか?

今回紹介した内容で考えると、ピラミッドの下部を大きくするために、深層筋から鍛え、使えるようにした方が良さそうです。

これはその日の練習という短い時間においてもそうですし(深層筋を刺激するトレーニングの次に表層筋を鍛えるような強度の高いトレーニングを行う)、

1年などの長期的な期間における身体作り(深層筋が使えるようになり、身体が安定して使えるようになってから、力が発揮できる上限を上げていく)など、両方に同じことが言えます。

 

ただし、同じ深層筋を鍛えるトレーニングでも。このピラミッドの原則から外れたトレーニングを行うことは問題がありそうです。

つまり、深層筋トレーニングといってもその人にとって高強度であったり、複雑な動作や姿勢の取り方であるために、正しい動作で行えないトレーニングは、やめた方が良いということです。(むしろ深層筋よりも表層筋が鍛えられる)

 

パフォーマンスを効率よく上げていくためには、「その人」が「今現在」「正しい動作でできる」「ぎりぎり」のトレーニングを見つけ、段階的に行っていくことが必要です。

 

まとめ

・トレーニングは「正しい動作」→「身体強度」→「力」の順に鍛えられるべきである。

・深層筋の強化は「正しい動作」を身につけ、「身体強度」を鍛えることにつながる。

・表層筋の強化は「力」、「身体強度」を鍛えることにつながる

・そのため、多くの場合は深層筋→表層筋の順番で強化、もしくはトレーニングを行うことが大事であるということが言える。

・効率よくパフォーマンスを上げるためには、個人に合った種類、強度のトレーニングを段階的に行っていくことが重要

 

であるということが分かりました。

 

とはいっても試合やら練習やらで始めから「力」を要求されるようなトレーニングをしなくてはいけないことも多いと思います。

ケガが多い、スランプだ、気持ちよくトレーニングができない、など 練習方法がいまいちしっくりこない、なにから鍛えていいか分からない方は専門のトレーナーさんなどに相談してみましょう。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

take breath:)

 

Laugh Style 西村