Laugh Style

コンディショニング、スポーツ、ダンス、感覚、文化、身体

さくらとコンディショニングとウォーキングを楽しむ~イベント報告~

目次

 

イベント報告

さくらとコンディショニングとウォーキングを楽しむイベントを開催しました。
参加された皆様お疲れ様でした。
スタジオの近くにさくらの名所があるのにもったいないということでさくらや自然を感じながら五感をふるに刺激してコンディショニングとウォーキングとお花見をしてきました。

https://www.instagram.com/studio.laughstyle/p/BvrK78llWnp/

 

歩いたり動いたり花見したり

今回は谷田部車庫近くのスタジオに集合し、足のコンディショニングでバランス能力を整え、その後20分程ウォーキングをし、さくらの下でストレッチや呼吸のトレーニングを行いました。その後花見をしながら食事をしながら参加者の皆さんで気持ち良い日差しの中お話をしながら交流をしました。

桜の色彩と重なり合う木々の移り変わりを感じながらのウォーキングはとても脳に気持ち良い刺激を与えてくれ、身体の重さを忘れさせてくれそうでした。

 

「休む能力」を獲得する

この忙しい情報化社会の中で緊張しっぱなしの身体に、休むことを教えることはとても大事なことです。

なにもせずにただリラックスする時間を取るというのはある意味贅沢なのかもしれませんが、休むことができる脳と身体を作ることはかなり重要です。

ずっと走りつづけているそこのあなた、たまには立ち止まって周りの景色を見て深呼吸してみませんか?
もしかしたら少し足取りが軽くなるかもしれませんよ?

 

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

 

-----------------------------------------------

スタジオLaughStyleではコンディショニング指導も行っています。

姿勢が悪くて困っている

肩こりや腰痛がなかなか取れない

ストレスが溜まって疲れている

そんな方を対象に

姿勢、動作、呼吸をストレッチやトレーニング指導で改善していきます。

初めての方にはトライアルレッスンも行っていますので、ぜひつくば市の谷田部、みどりの、万博記念公園、牛久近辺の方はスタジオHPをチェックしてみてくださいね^^

https://laughstyle.wixsite.com/studiolaughstyle/blank-c1cs8

f:id:studio-laughstyle:20170809124356j:plain

 

小さい時に様々な運動経験をしよう

目次

 

〇小さい時に動けるようになると得をする

 身体能力を高めるためには始めにこわばりやはりなどの関節の可動域制限を取る必要があると以前のblogで書きましたが、

studio-laughstyle.hatenablog.com

幼児や低学年は身体が変わりやすい時期であり、可動域をとても変化させやすい時期です。大人なら苦労することも少しのきっかけで関節の可動域が良くなることもよくあります。また適切な姿勢で身体を動かすことで関節に刺激が加わり可動域が増加しやすくなります。身体を動かすくせをつけることが大事でしょう。

 呼吸や姿勢の話は小さい子達には難しいですが、運動によって身体のこわばりを少なくし、運動量を確保し、様々な方向に適切に力を与える練習をしているとこれらは良くなりやすくなります。

 

 そして身体の基本的な可動性と安定性を獲得することは、大きくなって様々なスポーツや運動のパフォーマンスを上げる時にとてもアドヴァンテージとなります。

 それらに加え多種多様な運動経験を得ることによってコントロール能力や先読み能力が高まり、総じて運動能力が高まります。

 

 

〇どういう運動が良いのか

 ではどういう運動が良いかというと、

「色々な方向に力が加わる運動」

「人や道具に合わせて動かす運動」

「楽しい動き」ということが言えると思います。

 

〇NewBalanceアリーナちびっこトレーニングクラスでの指導例

LaughStyleが監修、指導していますちびっこトレーニングクラスではマット運動、リズム運動、縄跳び、体つくり運動等でそれらの要素を満たしていきます。

 

〇フロアでの動き

マット運動や動物歩きやフロアの動きなどは肩関節や股関節などの関節の可動性や安定性を育むことができます。また回転するのでバランス能力などにも良い影響を与えます。人間は進化の過程や赤ちゃんの発育発達の動きに沿ってトレーニングを行うと良いと言われていますが、床で寝たりはいはいしたりするフロアの運動はとても身体感覚を刺激してくれます。

 

〇リズム運動

 リズム運動は、リズムにノル、音に合わせて姿勢を素早く変化させるなどコントロール能力やバランス能力、表現力、音を聴く力、タイミングを合わせる力などを育んでくれます。また緊張とリラックスのバランスを育むのにも良いでしょう。

 

〇縄跳び

 縄跳びは基本的な跳躍力と基礎持久力、空間認知能力、道具を扱う力などを育むことができます。また技が分かりやすいので自分で目標に向かって練習する姿勢なども育めます。

 

 ぜひこれらの運動を楽しみながら習慣化できるようにがんばって行っていきましょう!

 

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

 

 

--------------------------------------------------------

こちらの記事からトレーニングクラスを受講することができます。

お子様に動ける身体を備えさせたい保護者の方は要チェックです。

体験も無料ですのでお気軽にご連絡ください。

 

【レッスン①】低学年向けトレーニングクラス
 日時:毎週水曜16:30~17:30  対象:年中~小学3年生
 クラス説明:低学年向けの楽しく体を動かしながら様々な運動経験をするクラス。走る、転がる、支える、跳ぶといった基本的な動きを経験しながら体を動かすことに抵抗のない身体を目指します。
レッスン日程:2月期:2/6,13,20,27(6,400円) 3月期:3/6,13,20,27 (6,400円)



 


【レッスン②】高学年向けアスリートクラス
 日時:毎週木曜17:45~18:45  対象:小学4年生 ~ 中学生
 クラス説明:スポーツやダンスなどを行っている高学年以上のお子様向けのトレーニング。
柔軟性、敏捷性、安定性、パワーなどスポーツに必要な基本的な身体能力と考え方を鍛えます。
レッスン日程:2月期:2/7,14,21,28(6,400円) 3月期:3/7,14,21,28 (6,400円)

f:id:studio-laughstyle:20181220163018j:plain

 

・レッスン体験費:無料
・場所:New Balance アリーナ
    (茨城県つくば市みどりの南25-3)
・講師:西村惣一

 

【申込み方法】
 件名に「レッスン名」、本文に①お名前、②学年、③希望クラス、④希望月を
ご記入の上、アドレス「studio.laughstyle@gmail.com」までお申込み
ください。

目次

 

〇小さい時に動けるようになると得をする

 身体能力を高めるためには始めにこわばりやはりなどの関節の可動域制限を取る必要があると以前のblogでいいましたが、

studio-laughstyle.hatenablog.com

幼児や低学年は身体が変わりやすい時期であり、可動域をとても変化させやすい時期です。大人なら苦労することも少しのきっかけで関節の可動域が良くなることもざらです。また適切な姿勢で身体を動かすことで関節に刺激が加わり可動域が増加しやすくなります。身体を動かすくせをつけることが大事です。

 呼吸や姿勢の話は小さい子達には難しいですが、運動によって身体のこわばりを少なくし、運動量を確保し、様々な方向に適切に力を与える練習をしているとこれらは良くなりやすくなります。

 

 そして身体の基本的な可動性と安定性を獲得することは、大きくなって様々なスポーツや運動のパフォーマンスを上げる時にとてもアドヴァンテージとなります。

 それらに加え多種多様な運動経験を得ることによってコントロール能力や先読み能力が高まり、総じて運動能力が高まります。

 

 

〇どういう運動が良いのか

 ではどういう運動が良いかというと、

「色々な方向に力が加わる運動」

「人や道具に合わせて動かす運動」

「楽しい動き」ということが言えると思います。

 

〇NewBalanceアリーナちびっこトレーニングクラスでの指導例

LaughStyleが監修、指導していますちびっこトレーニングクラスではマット運動、リズム運動、縄跳び、体つくり運動等でそれらの要素を満たしていきます。

 

〇フロアでの動き

マット運動や動物歩きやフロアの動きなどは肩関節や股関節などの関節の可動性や安定性を育むことができます。また回転するのでバランス能力などにも良い影響を与えます。人間は進化の過程や赤ちゃんの発育発達の動きに沿ってトレーニングを行うと良いと言われていますが、床で寝たりはいはいしたりするフロアの運動はとても身体感覚を刺激してくれます。

 

〇リズム運動

 リズム運動は、リズムにノル、音に合わせて姿勢を素早く変化させるなどコントロール能力やバランス能力、表現力、音を聴く力、タイミングを合わせる力などを育んでくれます。また緊張とリラックスのバランスを育むのにも良いでしょう。

 

 

 縄跳びは基本的な跳躍力と基礎持久力、空間認知能力、道具を扱う力などを育むことができます。また技が分かりやすいので自分で目標に向かって練習する姿勢なども育めます。

 

 ぜひこれらの運動を楽しみながら習慣化できるようにがんばって行っていきましょう!

 

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

 

 

--------------------------------------------------------

といわけでこちらでトレーニングクラスを受講することができます。

お子様に動ける身体を備えさせたい保護者の方は要チェックです。

体験も無料ですのでお気軽にご連絡ください。

 

【レッスン①】低学年向けトレーニングクラス
 日時:毎週水曜16:30~17:30  対象:年中~小学3年生
 クラス説明:低学年向けの楽しく体を動かしながら様々な運動経験をするクラス。走る、転がる、支える、跳ぶといった基本的な動きを経験しながら体を動かすことに抵抗のない身体を目指します。
レッスン日程:2月期:2/6,13,20,27(6,400円) 3月期:3/6,13,20,27 (6,400円)



 


【レッスン②】高学年向けアスリートクラス
 日時:毎週木曜17:45~18:45  対象:小学4年生 ~ 中学生
 クラス説明:スポーツやダンスなどを行っている高学年以上のお子様向けのトレーニング。
柔軟性、敏捷性、安定性、パワーなどスポーツに必要な基本的な身体能力と考え方を鍛えます。
レッスン日程:2月期:2/7,14,21,28(6,400円) 3月期:3/7,14,21,28 (6,400円)

f:id:studio-laughstyle:20181220163018j:plain

 

・レッスン体験費:無料
・場所:New Balance アリーナ
    (茨城県つくば市みどりの南25-3)
・講師:西村惣一

 

【申込み方法】
 件名に「レッスン名」、本文に①お名前、②学年、③希望クラス、④希望月を
ご記入の上、アドレス「studio.laughstyle@gmail.com」までお申込み
ください。

脳は情報を欲しがる~トレーニングセミナーに参加してきました~

目次

 

運動指導者と歯科医師との連携セミナーに参加してきました!

2月11日(月祝)に上記のセミナーに参加させていただきました。

f:id:studio-laughstyle:20190214214738j:plain

レーニング指導している人なのになぜ歯科のセミナー?

と思う方もいらっしゃると思います。

結論から言えば人の身体が適切な姿勢や動きを行う上で大事な部分の一つが歯近辺の構造だからです。

とはいえトレーニングにどう応用するかまでは知識が少なかったため今回参加させていただきました。

 

歯の矯正は気軽に行うものではない

内容はというと歯科医師さんと運動指導さん2人によるセミナーなのですが、

歯科医師である石田亮人先生の主張で興味深かったことは、

「歯を矯正したり削ったりすることはとてもリスキーであり最終手段であって、まずは認知療法運動療法などから行うべき」

といった内容のことを話されていました。

確かに今の身体の使い方で歯が曲がっているわけですからそこを治さないといけないということで腑に落ちる主張でした。

 

アウトプットよりも先にインプットを変えるべき

運動指導者代表としての近藤拓人さんのお話で興味深かったのは、脳神経学の観点からのお話が多かったのですが、

「トレーナーはアウトプット(どう動くか)にフォーカスをあてている人が多いが、現在のインプット(どう感じるか)の結果その問題のアウトプットが出ているのだから、まず正しく情報が入るようにインプットを治さないといけないよね」

といった趣旨の内容のことを話されていました。

そしてそれに付随したワークもいくつか紹介されていたのですが、今までの概念を覆すような内容で目からうろこでした。

進化していくトレーナー業界

この業界もどんどん進化し様々なメソッドが生まれており全てはカバーできないですが、根本の考え方に大きな影響を与えるような新しい考え方が出てきたときにはしっかりと勉強しなくてはならないと感じました。

またそれぞれの業種、今回であればトレーナーとの歯科医師との連携ですが、医者、セラピスト、栄養士、精神科医間などで共通の考え方を持ち患者さんや受講者さんを紹介しあえる仕組み作りを行うことの重要性を改めて感じました。

受講者の方が何に困っていてどの分野でなら成果を出せるのか、という予測と対応ができることも大事ですよね。

ちなみにLaughStyleでは鍼灸師さんへも紹介ができるようにしていますよ^^

 

今回のセミナーでまた新たな見地を得ることができましたので受講者の皆さんに還元していけたらと思います。

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

 

--------------------------------------------------------

茨城県みどりのにて新しくお子様向けのトレーニングクラスを開講しています。

セミナーでレベルアップした指導をこちらで体験することができますよ!

お子様に動ける身体を備えさせたい保護者の方は要チェックです。

体験も無料ですのでお気軽にご連絡ください。

 

【レッスン①】低学年向けトレーニングクラス
 日時:毎週水曜16:30~17:30  対象:年中~小学3年生
 クラス説明:低学年向けの楽しく体を動かしながら様々な運動経験をするクラス。走る、転がる、支える、跳ぶといった基本的な動きを経験しながら体を動かすことに抵抗のない身体を目指します。
レッスン日程:2月期:2/6,13,20,27(6,400円) 3月期:3/6,13,20,27 (6,400円)



 


【レッスン②】高学年向けアスリートクラス
 日時:毎週木曜17:45~18:45  対象:小学4年生 ~ 中学生
 クラス説明:スポーツやダンスなどを行っている高学年以上のお子様向けのトレーニング。
柔軟性、敏捷性、安定性、パワーなどスポーツに必要な基本的な身体能力と考え方を鍛えます。
レッスン日程:2月期:2/7,14,21,28(6,400円) 3月期:3/7,14,21,28 (6,400円)

f:id:studio-laughstyle:20181220163018j:plain

 

・レッスン体験費:無料
・場所:New Balance アリーナ
    (茨城県つくば市みどりの南25-3)
・講師:西村惣一

 

【申込み方法】
 件名に「レッスン名」、本文に①お名前、②学年、③希望クラス、④希望月を
ご記入の上、アドレス「studio.laughstyle@gmail.com」までお申込み
ください。

 

 

 

ブリッジができない人のためのトレーニング~脚の力の入れ方編~

目次

 

ブリッジができない人のためのトレーニン

クロバットや体操を行うなら当たり前にできないといけないのがブリッジ。

しかし頭を浮かしてできない人もいると思います。

特に大人は身体が硬くてできないなんて人も多いですね。

f:id:studio-laughstyle:20190206134628j:plain

ブリッジ

 

ブリッジがなぜできないのか

ブリッジができない要素として以下のようなものがあります。

・背骨の可動性が悪い

・バンザイの動作が硬い(胸椎が硬い、頸椎の使い方が悪い)

・そもそも腰に負担のかかる姿勢でそれ以上反りにくい(反り腰、リブフレア、腹圧の弱さ)

・脚のアライメントが悪い

・脚の力の入れ方が分かっていない

・腕のアライメントが悪い

・腕や手の使い方が分かっていない

などなど細かく上げればまだまだたくさんあります。

 

脚の力の入れ方を覚えるトレーニン

今日はブリッジの脚の力の入れ方を学習するトレーニングを一つ紹介します。

脚から上手く力が伝わらないと後方ブリッジ回転やマカコなどでジャンプしたり、上手く後方に移動することができなくなってしまいます。

ビフォアアフターでブリッジ時の脚の感覚を比べると分かりやすいかと思います。

【片足ヒップリフト~足乗せバージョン~】

 

1.仰向けで寝て膝を立てます。

2.脚をもう一つの膝の上に乗せます。

3.この状態でできる限り腰を浮かし、下ろします。

4.脚がつらない程度で10回程度行いましょう。

5.終わったら脚を入れ替えて同じように10回行います。

 

 

コツは積み木で安定させるのと同じように脚をまっすぐ積み重ねて地面方向に押すことです。

地味に上の脚の内腿がつらくなります。

 

より発展させるには

できる方は手をバンザイして地面を押しながらより反って上げてみてもよいですし、骨を一つずつ動かすようにコントロールしながら行っても良いでしょう。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

腰痛に効くエクササイズ

目次

 

腰痛改善、予防のためのエクササイズ

日々の家事や机に座りっぱなしで腰が重くなったり痛くなる人もいるかと思います。

筆者のトレーニング&コンディショニングスタジオにも腰痛持ちの方がよくいらっしゃるのですが、

今日はそれらの軽い腰痛を改善、予防するためのエクササイズを紹介したいと思います。

 

オアシスで水飲みエクササイズ!

飛行機で砂漠に不時着して3日3晩さまよい歩いてようやくオアシスを見つけた時をイメージしてください。(イメージしにくい笑?)

ノドがからからですよね?

勢いよく水場にいってしゃがんで水を飲んだり顔を洗ったりするのではないでしょうか?

今回はそのようなイメージでエクササイズを行います。

 

エクササイズの方法

1.爪先を立てて正座をします。(きつい方はつま先を伸ばしてみましょう)

2.写真のように手を顔の横に上げて床に顔や手をつなかないようにしてできるだけ低くなります。水たまりの表面に顔と手をつけにいくイメージですね。

できる人は水を手ですくって飲む動きをするとより難しくなります。

3.10秒ほど下でその姿勢を保持し、上がってきます。

4.これを3セットほど行います。

f:id:studio-laughstyle:20190128144711j:plain

腰痛改善水飲みエクササイズ

腰痛を起こす人は反り腰になっている場合が多いのですが、このエクササイズは反り腰だと低い位置でバランスが取れないようになっています。

低くバランスを保つために腰の後側を伸ばす使い方や、体幹を安定させる使い方を学習することができます。

できる方は下でバランスを取りながら深呼吸(鼻から吸って口から吐く)をしてみると更に効果がアップします。

 

腰の調子が良くない方や軽い腰痛の方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

なお、重症の方やエクササイズで逆に痛くなるような方は無理をせずお近くの整骨院や整体で直してもらってくださいね。

 

まるで謝っている、お祈りしているような動きで滑稽に見えるかもしれませんがお家でやってみましょう笑

もしかしたらこのようなお祈りをしている民族は腰痛がないかもしれません。

日本人も定時になったらお祈りをする文化にしてもよいかもしれませんね笑

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

バック転の基本的な練習方法

目次

 

f:id:studio-laughstyle:20190121210556j:plain

バック転をしたいという人は結構多くて、僕の指導するレッスンやスタジオにアクロバットを習いたいという方がよくいらっしゃいます。

【トレーニング&コンディショニングスタジオLaughStyle】

 http://laughstyle.wix.com/studiolaughstyle

そういう方のためにバック転を覚える際の基本的な練習方法を教えたいと思います。

①跳ぶための動きを覚える

まずはバック転を跳ぶための動きを覚えましょう。一つ目がキョンシーのように手を前に出した姿勢、二つ目が手を下ろしながらしゃがむ動き、三つ目が実際にまっすぐ跳ぶ動き、四つ目がしゃがんでの着地、この動きを滑らかにできるようにしましょう。

②後方に跳ぶ

実際に跳んでいきます。バック転で難しいことの一つは後ろに跳びながら高さも出さないといけないことなのですが、このさじ加減が難しいです。自分の胸より高い台や積み重ねたマットの上に跳んでいきましょう。この環境がない場合は補助をし慣れているどなたかに肩甲骨の下辺りの背中を両手でもってもらいながら後方に跳ぶ練習をしましょう。

③壁倒立から勢いをつけて降りる

壁倒立をしてから両足で勢いよく降りる練習をします。慣れないうちは勢いがなくても良いので必ず両足同時に降りましょう。慣れてきたら体幹に力が伝わるようにして反ってから反動で跳ねおります。

④台やバランスボールを使って回る動きを体験してみる

後方に転がれそうな丸い台やバランスボールが2個くっついたような道具があればその上で実際に回ることができます。実際に①で紹介した順番で姿勢を取りながら回ってみましょう。この時気を付けることは回ろうとして腰を早く曲げないことです。これを行うと非常に危険です。しっかりブリッジの姿勢になって反ってから手を着き後方に回っていきましょう。

⑤補助付きで回る

補助をし慣れている方に補助をしてもらいながら練習を行いましょう。バック転を一人で練習している方もいますが正直とても危険です。回ることができたら少しづつジャンプを大きくしていきましょう。また手を着いてから脚をしっかり地面に持ってきて着くことも大事です。これがうまくできない方は③の練習をしっかりできるようにがんばりましょう。慣れてきたら補助を少しづつ減らしていきます。
例)2人→1人で肩にかつぐ→両手で支える→片手→指→危ない時だけ補助する

⑥少しづつ環境を実際の床に近づける。

回りやすい環境で自分一人でも最低限回れるくらいになったら環境を実際の床に近づけていきます。例えば柔らかさや跳ねやすさを少しづつ減らしていきます。
例)トランポリン→ソフトマット→固めの体育マット→薄いマット→フロア
また高さも変えることができます。
例)高めの台→ロイター版→ロイター版を使わないでマットのみで行う→フロア

以上が代表的なバック転の練習方法を簡単にではありますが紹介させていただきました。
バック転はできる人ならばトランポリンならばすぐに、ソフトマットの上での練習なら3、4回くらいの練習できる人もいますが筋力的に時間もかかる方もいます。アクロバットな技を練習することはとても危険ですのでちゃんとした施設や指導者や熟練者がいるところで練習をし、ルールを守りながら自分のレベルに合った練習をしてください。

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

LaughStyle 西村

 

 

--------------------------------------------------------

茨城県みどりのにて新しくお子様向けのトレーニングクラスを開講しました。

お子様に動ける身体を備えさせたい保護者の方は要チェックです。

体験も無料ですのでお気軽にご連絡ください。

 

【レッスン①】低学年向けトレーニングクラス
 日時:毎週水曜16:30~17:30  対象:年中~小学3年生
 クラス説明:低学年向けの楽しく体を動かしながら様々な運動経験をするクラス。走る、転がる、支える、跳ぶといった基本的な動きを経験しながら体を動かすことに抵抗のない身体を目指します。
レッスン日程:1月期:2/6,13,20,27 (6,400円)



 


【レッスン②】高学年向けアスリートクラス
 日時:毎週木曜17:45~18:45  対象:小学4年生 ~ 中学生
 クラス説明:スポーツやダンスなどを行っている高学年以上のお子様向けのトレーニング。
柔軟性、敏捷性、安定性、パワーなどスポーツに必要な基本的な身体能力と考え方を鍛えます。
レッスン日程:1月期:1/7,14,21,28(6,400円)

f:id:studio-laughstyle:20181220163018j:plain

 

・レッスン体験費:無料
・場所:New Balance アリーナ
    (茨城県つくば市みどりの南25-3)
・講師:西村惣一

 

【申込み方法】
 件名に「レッスン名」、本文に①お名前、②学年、③希望クラス、④希望月を
ご記入の上、アドレス「studio.laughstyle@gmail.com」までお申込み
ください。