Laugh Style

コンディショニング、スポーツ、ダンス、感覚、文化、身体

パワーポジションの基礎となるヒップヒンジの練習方法

目次

 

パワーポジションの基礎となるヒップヒンジの練習方法

バスケットや野球などでよく使われる力の入りやすい姿勢と言われるパワーポジション。

簡単に説明すると、

・頭から骨盤までまっすぐの姿勢

・股関節から曲げて重心を低くする

・種目によって脚をワイドに広げて左右の動きにも対応できるようにする

・膝はつま先より先に出さない。種目によってはくるぶしの上あたりで膝を止めておいて曲げる

という姿勢です。

 

ヒップヒンジとは

今回はそれの基礎となるヒップヒンジの練習方法です。
ヒップヒンジとは股関節から蝶番のように曲げ伸ばしする動作のことを指します。目的によって多少変わりますが基本は・股関節から曲げる・頭から骨盤まで一直線(背骨の良い姿勢はS字ですが、重力線上に揃うという意味で)は共通して言えることでしょう。というわけでヒップヒンジの練習方法をこちらの動画で4つほど載せています。


ヒップヒンジができるようになると得られる効果

ヒップヒンジができると

・腰痛の改善
・ジャンプ力アップ
・走力アップ
・脚のコントロール力アップ
・コンタクトに強くなる
などにつながってきます。

 

良くある悪い例

・腰から曲げてしまう

・肩が前方に出て背骨がつられて曲がってしまう

・膝が前に出る

・膝が内股になってしまう

などがよくある悪い例です。鏡を見ながらしっかりチェックしながら行ってみましょう。

 

できないと怪我につながる

ヒップヒンジを使う使わないは種目によりけりかもしれませんが、少なくともヒップヒンジの動きができないということは怪我をしやすいということは確実に言えます。
なぜなら人体で一番大きな力を発揮できる股関節を上手く使えないので、その代償が腰などに出てしまうからです。ぜひ皆さんもできるようにチャレンジしてみましょう😊

 

体が動きたくなるような楽しい人生を。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LaughStyle 西村

 

-----------------------------------------------

スタジオLaughStyleでは身体の使い方やトレーニングのワークショップ指導も行っています。

競技者のためのケガをしない身体の使い方、早く走るためのワークショップ、可動域を上げる練習方法、安定性を上げるトレーニング等、ワークショップのご相談はお気軽にご相談ください。

 

コンディショニングスタジオLaughStyle

studio.laughstyle@gmail.com